コンテナの開口を自分でやる?

お問合せの中によくあるご質問として「建具開口は自分でやるから、ドア・窓の開口のないコンテナ躯体はいくらなの?」があります。これをきっかけに、本文はコンテナに孔開けることについて、とことんご説明いたします。

Read more

コンテナハウスに屋上デッキを設置する時の注意点

コンテナハウスの上に屋上デッキを設置すると、利用面積が倍増し、屋根遮光遮熱効果もあり、最高です!が、屋上デッキを装着する前、いくつかの注意点を視野に入れないと、損になりかねません!本文はそれらの注意点をリストアップいたします。

Read more

施工事例12の2 事務所・オフィスJIS鋼材建築用コンテナハウス(工場生産)

前回の内容施工事例12の1 事務所・オフィスJIS鋼材建築用コンテナハウス(概要・設計篇・竣工写真)に続いて、中国大連にあるUni-Kon提携のコンテナハウス生産工場内で、今回の事務所オフィス用コンテナハウスの生産過程をご紹介いたします。

Read more

施工事例4 簡易寄宿舎社員寮宿泊用コンテナハウス(検討と生産全過程・竣工写真)

今回は簡易寄宿舎社員寮宿泊用コンテナハウスの大規模(100台)応用例をご紹介いたします。大規模の建設工事現場の作業員簡易宿舎として、 簡易寄宿舎社員寮宿泊用コンテナハウス は移動性・頑丈さ・耐久性・断熱性・気密性・居心地よいなどのメリットの他、生産納入速度の速さ、コスト合理性などのメリットも顕著です。

Read more

40Ftコンテナハウスのグースネックトンネルって、何?

40Ft(フィート)コンテナハウスの運搬・輸送を検討する時、また40フィートコンテナハウスを使ってコンテナ建築を検討する時に避けられない一つ厄介な話題はグースネックトンネル(Goose-neck-tunnel)です。実は標準貨物コンテナでも、リーファー冷凍コンテナでも、オープントップコンテナでも、コンテナハウスでも、40Ft(フィート)になる途端、(通常では)装備しないといけないのはグースネックトンネルです(下図のように)。本文は40フィートのISOコンテナもコンテナハウスも共有(20フィートコンテナ・コンテナハウスにはありません)のグースネックトンネル、またそれを無くす条件について、じっくり説明いたします。

Read more

施工事例12の1 事務所・オフィスJIS鋼材建築用コンテナハウス(概要・設計篇・竣工写真)

今回の案件は事務所用連棟コンテナハウスです。施主様は輸出入業務を携わる商社様で、海外から貨物をどんどん運んでくれるISO海上貨物コンテナに馴染みが深いのであろう、新社宅もコンテナで実現したかったらしいです。ISO貨物コンテナは無論建築基準法をクリアできないので、JIS鋼材建築用コンテナハウスを視野に入れ、直接弊社に問い合わせ、取引された次第です。

Read more

コンテナハウス建築におけるコンテナ間連結はなぜ重要?

「コンテナが強い」から「コンテナ建築も強い」との印象が普遍的にあります。コンテナハウス1個1個は確かに強いです。しかし、数台のコンテナハウスを合体させ、連棟コンテナ建築にした場合は、建築全体も強いとは限らないです。その問題はコンテナ間の連結部にあります。

Read more

2022年最近の施工事例(竣工写真)

最近(2022年)溜まったのコンテナハウス施工事例概要をとりあえず簡単にご紹介いたします。詳細内容は後続の個別事例でまた詳しくご紹介いたします。

Read more

コンテナハウスの価格を安くするには?――その1

ご注目の質問――コンテナハウスを安くするにはどうしたらよいか?なぜコンテナハウスの価格ははっきりと20Ft或は40Ft一台いくらのように伝えられないのか、なぜ「開口一箇所いくら」のように決められないのか、これらの質問をとことん説明していきたいと思います。

Read more

JIS鋼材コンテナハウスは何?

JIS鋼材コンテナハウスはJIS鋼材で作られたコンテナハウスだけではありません。主要構造部がJIS鋼材であるのは無論のこと、建築基準法施行令に定めらている厳しい建築荷重がクリアできて初めて「JIS鋼材コンテナハウス」と呼べるのです。

Read more