40Ftコンテナハウスのグースネックトンネルって、何?

40Ft(フィート)コンテナハウスの運搬・輸送を検討する時、また40フィートコンテナハウスを使ってコンテナ建築を検討する時に避けられない一つ厄介な話題はグースネックトンネル(Goose-neck-tunnel)です。実は標準貨物コンテナでも、リーファー冷凍コンテナでも、オープントップコンテナでも、コンテナハウスでも、40Ft(フィート)になる途端、(通常では)装備しないといけないのはグースネックトンネルです(下図のように)。本文は40フィートのISOコンテナもコンテナハウスも共有(20フィートコンテナ・コンテナハウスにはありません)のグースネックトンネル、またそれを無くす条件について、じっくり説明いたします。

Read more

コンテナハウス建築におけるコンテナ間連結はなぜ重要?

「コンテナが強い」から「コンテナ建築も強い」との印象が普遍的にあります。コンテナハウス1個1個は確かに強いです。しかし、数台のコンテナハウスを合体させ、連棟コンテナ建築にした場合は、建築全体も強いとは限らないです。その問題はコンテナ間の連結部にあります。

Read more

コンテナハウスの価格を安くするには?――その1

ご注目の質問――コンテナハウスを安くするにはどうしたらよいか?なぜコンテナハウスの価格ははっきりと20Ft或は40Ft一台いくらのように伝えられないのか、なぜ「開口一箇所いくら」のように決められないのか、これらの質問をとことん説明していきたいと思います。

Read more

JIS鋼材コンテナハウスは何?

JIS鋼材コンテナハウスはJIS鋼材で作られたコンテナハウスだけではありません。主要構造部がJIS鋼材であるのは無論のこと、建築基準法施行令に定めらている厳しい建築荷重がクリアできて初めて「JIS鋼材コンテナハウス」と呼べるのです。

Read more

コンテナハウスの屋根連結と雨仕舞

コンテナハウスは単体では床面積が限らていて、床面積が足りない場合は複数のコンテナハウスを連結・連棟して、広々した空間が作れることはご周知のとおりです。しかし、この場合、連棟・連結した後のコンテナハウス連合体の屋根には、屋根排水、接合部の雨漏れ、コーキング材劣化による不具合など、多くの問題が潜んでいます。本文はこれらの問題原因を分析し、Uni-Kon独自の屋根設計案を提示しながら、コンテナハウス屋根連結の対策をご紹介いたします。

Read more

40フィートコンテナハウスで建築計画時の注意事項

40フィート(40ft)コンテナハウスで建築計画を立てる時の注意事項を説明いたします。知っておかないままで、レイアウトを決めたら損するかもしれませんので、是非一度お読みください。

Read more

健全なコンテナハウスを作るには

JIS鋼材コンテナハウスは一見頑丈に見えるが、仕口部(梁・柱接合部)の健全性に問題があったら、とんでもない結果になりかねません。本文はコンテナハウスの仕口部を中心にご紹介いたします。

Read more

コンテナハウスの先進生産方式――プレカット(pre-cut)方式

コンテナハウス製作途中に、プレカット技術を採用されるかどうかによって、コンテナハウスの精度、生産コスト、生産効率ひいて人件費が大きく左右されます。Uni-Konは先進的なプレカット生産方式をコンテナハウスの生産に応用しております。

Read more

中国からコンテナハウスを購入する時の問題(その3)――現場監督篇

中国からコンテナハウス購入する後期に遭遇する生産中及び生産完了後の監督・検査など――現場監督の問題を取り上げてご紹介いたします。

Read more

中国からコンテナハウスを購入する時の問題(その2)――設計篇

中国からコンテナハウス購入する中期に遭遇する設計・工場内施工辺りの問題とその回避方法をご紹介いたします。

Read more