コンテナ価格

コンテナハウスの価格・コスト・輸送費・輸入関税徹底説明

 

コンテナハウスの頑丈さ、個性の他、コンテナハウスを選択される方にとって、コンテナハウスの価格、正確に言えば、格安さは一つ大きな魅力です。JIS鋼材で作られた建築用コンテナハウスを中国製作工場から直接お届けする場合、どれくらいの金額・価格・コスト、又、運搬輸送通関に掛かるコンテナハウスの輸送運搬費・関税について徹底的にご紹介いたします。

 

1.JIS鋼材の建築用コンテナハウスユニット鋼鉄躯体部分だけを購入される場合

 施主様は内装部分にこだわりが強く、「内装は自分DIYで完成したい」或は「内装部材や建具などはやはり日本製にしたい」とかの場合、JIS鋼材で作られたコンテナハウスの鋼鉄躯体のみをご提供することができます。DIYでカバーできない鉄骨製作・溶接やペンキ塗装などを工場に任せるとして、内装の仕上げが運送途中の破損リスクを負いなくて済むというメリットもあります。鋼鉄躯体の製作は事前打ち合わせ段階で決めた設計図面(3次元CADデーター)のまま、ミリ単位の精度で製作されるので、躯体が現地に着いて設備や建具が「嵌らない」「装着できない」のようなご心配は要りません。

鋼鉄躯体部分のみのコンテナハウスのお見積り金額範囲

種別

価格範囲(1台価格)床面積平米単価

坪単価

20ftユニット40~80万円/台約13.3平米3~6万円/平米10~20万円/坪
40ftユニット70~140万円/台約27.2平米2.5~5.5万円/平米8~18万円/坪

備考:

1.  カスタマイズ設計の通りで製作された主要構造部がJIS鋼材を用いた建築用コンテナハウス躯体です。

2.  鋼鉄躯体部分には鉄骨、外壁、屋根、根太、床、建具開口部増強枠などの他、ペンキ塗装が含まれます。

3.  日本現地施工となる工事部分:断熱工事、内装工事、建具、設備類などは含まれておりません。

4.  上記金額は中国大連製作工場渡し価格(消費税別、輸送費別)です。

5.  価格・見積もり金額を左右する要素:原材料価格、材料使用量、設計難易度(製作手数)、注文ロット数(台数)、為替レートなどがあります。

2.断熱・内装まで仕上げた完全となるJIS鋼材コンテナハウスを購入される場合

職人の人手不足で現地工事の見積もりが高騰していることに悩んでいる施主様、投資回収率を徹底的にアップしたい投資家の方、短工期で大規模な仮設・永久建築を建てたい方にとって最適なのは、断熱・内装工事などまでも中国工場内で完成させた完全となるJIS鋼材コンテナハウスです。通常では建設現場で行う工事をなるべく多く中国工場内で完成させ、現地に着いてから、簡単な設置連結工事、配線配管工事だけで竣工できるようになります。高価な日本建築職人にかかる人件費の節約、現地工事の短縮、悪天候からの影響回避に効果的な注文方式です。

建具や内装も付いているので、コンテナハウスを運送する時、特に注意が必要です。我々は過去の経験を生かし、設計時の細部への用心から出荷前の固定・密封・保護作業の慎重遂行まで、徹底いたしますので、運搬時の破損に多大なご心配は要りません。(とは言っても、柱などの突起部などでペンキの軽い擦りや傷程度の損傷はある程度免れないのも事実です。気になる方はお問い合わせ時にご相談ください。)

 

断熱・内装込みのコンテナハウスお見積り金額範囲

種別

価格範囲(1台価格)床面積平米単価

坪単価

20ftユニット60~140万円/台約13.3平米4.5~10.5万円/平米15~35万円/坪
40ftユニット100~260万円/台約27.2平米3~9万円/平米10~30万円/坪

備考:

1.  カスタマイズ設計の通りで製作された主要構造部がJIS鋼材を用いた建築用コンテナハウスです。

2.  鋼鉄躯体部分には鉄骨、外壁、屋根、根太、床、建具開口部増強枠などの他、ペンキ塗装が含まれます。

3.  また、断熱工事、内装工事、建具、ご需要に応じては二次側電気工事、設備類、配管工事なども中国工場内で完成してお届けいたします。

4.  上記金額は中国大連製作工場渡し価格(消費税別、輸送費別)です。

5.  価格・見積もり金額を左右する要素:原材料価格、材料使用量、設計難易度(製作手数)、注文ロット数(台数)、為替レートの他、断熱・内装材料の選択、建具、設備類の選択などがあります。

3.コンテナハウスを移動運搬するのに掛かる運搬輸送費

本サイトの他の文章で、コンテナハウスは貨物コンテナのように効率よく陸運・海運できるように設計されていると申しました。しかし、コンテナハウスは大きい貨物です。特に、中国製作工場直販の場合、コンテナハウスは大きくて安い貨物になります。コンテナハウス本体の格安に対比して、運搬費・輸送費がコンテナハウスの購入総コストの中で結構大きなシェアを占めており、目立ってきます。では、一台のコンテナハウスを現地にお届けするのにかかる運搬移動輸送費の構成を見てみましょう。

項目運搬輸送費発生線路・場所20ftユニット40ftユニット
中国陸運・海運一括大連工場~日本本土基本港*約2万円/台約4万円/台
CYサーチャージ**日本側港約3万円/台約5万円/台
上記(日本基本港*までの運搬輸送費)小計5万円/9万円/
日本陸運***日本基本港*~設置現場約5~14万円/台約6~15万円/台
(設置現地までの運搬輸送費)総計1019万円/15~24万円/

備考:

1. 船賃は、為替レート、物流繁忙期・閑散期、原油価格などに左右され、随時変動しますので、あくまでもご参考程度にしてください。実際の運搬費用に関して、ご商談の段階で、経路・時期ごとに再確認させていただきます。。

2. *:日本本土の基本港は、東京、横浜、名古屋、大阪、神戸、門司、博多などがあり、船便が多く、船賃が安いです。他の港にする場合、海運料金が割高になりがちですが、日本陸運のほうがもっと高価なので、陸運の距離・コストに合わせて、検討する必要があります。

3. **:恒例として、「ヤードサーチャージ」の名義で船会社と日本側港が日本側で徴収する追加料金です。

4. ***:陸運料金は基本的に運搬距離に比例します。いずれも一車一台の専用トレーラーなので、20ftと40ftと陸上輸送料金がほぼ同じ(20ftが1万円程安い)です。陸運業者の選択は大変重要で、通関業者に任せたら、陸揚げ港でトレーラーを手配するのが一般的ですが、運賃は相場的に割高です。ご所在の地元運送業者にご自分で確かめて、場合によっては、4~5万/台ほど節約できます。日本側陸運費用は総運搬輸送費の中で最も大きいシェアを占めていると言えます。くれぐれも慎重に複数の運送業者に確かめて、比べてみましょう。

5. 沖縄、宮古島などの離島へのコンテナハウス海上運賃・船賃は格段に高く、上記基本港までの運搬輸送費の約2~3倍程度でお考え下さい。また、運賃の変動も激しいため、お問い合わせの時に運賃を再確認させていただきます。

4.コンテナハウスを輸入するのに掛かる関税・消費税

中国から輸入したコンテナハウスに対して課された関税は、今現在(2019年8月)の日本現行輸入関税率は「無税」です。税金として支払わなければならないのは消費税だけです。消費税は、輸入金額対して8%(増税後10%)を支払うことになります。

以上をもって、中国コンテナハウス製作工場から、JIS鋼材で作られた建築用コンテナハウスを輸入する場合に発生する価格コスト・運搬輸送費用・税金など全部説明いたしました。お分かりになりましたか?ご不明な方、もっと詳細に見積もりを確認したい方、どうぞ、お気軽にUni-Konにお問い合わせくださいませ!

友達とシェアする