コンテナハウスの寸法・サイズ――室内天井高さ Uni-Kon

コンテナハウスと聞いたら、よく「窮屈」や「天井が低い」などの印象が湧いてくるかもしれません。この2点はコンテナハウスのデメリットとしてもよくネットで掲げられます。しかし、実際のコンテナハウスは複数連結することによって広々した大空間が得られるし、天井高さも一般用途としては結構理想的な寸法数値なのです。この文章は、各規格のコンテナハウスの内部寸法サイズの天井高さを重点的にご紹介致します。

外形寸法編の通り、コンテナハウスの外形高さには、2種類があります。標準高(GP)=2591mm、と背高型(HQ)=2896mmです。

建築用コンテナのほとんどはラーメン構造を採用しているため、梁せいが高く、構造上の都合で、外形寸法中の350mm程度の高さが構造部分に占められ、室内空間として利用できなくなります。

この350㎜という数値を知っておけば、コンテナハウスの内部天井高さを略算することができます。

例えば、標準高コンテナハウスの場合:

GP型室内天井高さ≒GPコンテナ外寸高‐梁せい高=2591-350=2241mm

背高型ハイキューブ(High-Cube)コンテナハウスの場合:

HQ型室内天井高さ≒HQコンテナ外寸高‐梁せい高=2896-350=2546mm

天井高さはライフスタイルに深く関わります。以前の日本は、「畳の上での生活」なので、古い木造住宅の天井高さは2200mm(2.2メートル)が多かったに対し、現代の日本は「椅子上の生活」なので、新築のRC造マンションなどは天井高さが2400~2500mm(2.4~2.5メートル)に変わりました。

こう見れば、GP通用型コンテナハウスの2241mmの天井高さは現代日本のライフスタイルにはちょっと窮屈であり、「ハウス」や「居住系」としてではなく、「倉庫」や「ガレージ」「可動式設備室」として多く利用されています。それに対して、HQ背高型コンテナハウスの2546mmの天井高さは居住用としては高くも低くもなく、ばっちりです。なので、今のハウス用のコンテナハウスは20フィートか40フィートかを問わず、殆ど背高型一方です。

無論、連棟で大面積の商業施設にする場合、2546mmの天井高さでもちょっと低く感じます。その時、「床面を沈む」、「露出梁にして、天井を上げる」、「吹抜きにする」という三つの方法があります。

以下の写真は弊社の代表が2016年福島県で扱った17台40HQコンテナハウス連結構成した食堂用コンテナハウスです。当時の天井高さは2500mmでした。商業系・公共系建築のような大空間ですが、さほど窮屈感もないと存じますが、いかがでしょうか?この施工事例・物件を詳細にご覧になりたい方は下記リンクをクリックしてください。食堂・浴場用連棟連結コンテナハウス 施工例

連棟連結コンテナハウス(40Ftコンテナ17連結食堂用)内装高さ・食堂内部高さ・天井高さ約2500mm
連棟連結コンテナハウス(40Ftコンテナ17連結食堂用)内装高さ・食堂内部高さ・天井高さ約2500mm
友達とシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。