コンテナハウスの塗装ペンキはどのように構成されていますか。

コンテナハウスの生産工場は貨物海上コンテナも製造するから、殆どの場合海上貨物コンテナと同様な重防食ペンキシステムを採用します。

まず、下地処理――鋼板表面をショットブラスト(高圧空気で鉄や鉱石の研磨微粒子を高速発射して、鋼鉄表面の錆、油分などを除去し、塗装表面に小さなデコボコを作り、ペンキの付着力を確実にアップさせる処理)でSa2.5(ほぼ鋼鉄の酸化皮膜が完全になくなり、素地の銀白色になるまできれいに除錆する程度)まで処理します。

そして、下塗り――綺麗になった金属表面にリッチジンクエポキシ樹脂下塗りペンキ(リッチジンクとは亜鉛粉末を沢山樹脂の中に混ぜて、素地身近で最後の防衛線として鋼鉄を犠牲保護する成分)をコンテナ内外問わず、全面塗装。

さらに、中塗り――コンテナハウスな場合、内部は内装材で保護されるので、外面の下塗り塗装の上にだけ、エポキシ樹脂リン酸化亜鉛ペンキを一回以上塗装。この層の作用として、塗装の層厚を設計皮膜厚に到達するように調整すると下塗りと上塗りを相性良く繋げる両方あります。無論、リン酸化亜鉛成分も腐食の進展を阻止する機能もあります。

最後に、上塗り――コンテナハウスの場合、中塗りと同じ理由で、外面だけ中塗りの上に施します。一般的に採用されるペンキはアクリル・ウレタン樹脂ペンキです。アクリルウレタン樹脂の優れる耐候性、耐水性、緻密性、色保持性などの理由で、上塗りとして最適です。

いかがでしょうか?重防食ペンキのコンテナハウスのペンキ構成、コンテナハウスを心強く保護してくれています。

友達とシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。